閉多面体近似の妥当性と形態係数

閉多面体近似の妥当性と形態係数 上式は,閉多面体近似によって得られる有効放射率式である。近似の有効性を確かめるために,有効放射率について
(1)試料基板の熱容量変化による影響
(2)ヒーターと試料基板間隔変化による影響を示す。



同軸平行正方形間の形態係数
形態係数は,ヒーター面と試料面の幾何学的配置により決定される。
閉多面体近似の妥当性と形態係数
試料の熱容量(MCp)の違いによる有効放射率への影響
形態係数は,ヒーター面と試料面の幾何学的配置により決定される。 試料の熱容量(MCp)の違いによる有効放射率への影響

面間隔の違いによる半球放射率への影響

面間隔の違いによる半球放射率への影響

このページのトップへ